2007年11月27日 (火)

「法隆寺一切経と聖徳太子信仰」のバーチャルミュージアム公開(07/11/27)

 この特別展、すごく行きたかったんですが、行けずに悲しい思いをしていたので、本当に嬉しい限りです。これを作成した、大谷大学の学生さん達は素晴らしい~(*^_^*)
 デザインもスッキリしていて、詳細画像を確認でき、簡単な解説もついているので、とても分かりやすかったです♪
 12/21までの限定公開ですが、このような取り組みが増えるともっと嬉しいですね(^^)/
 ご覧になった方は是非アンケートに回答してください!

  

バーチャルミュージアムへのリンクはこちら!!

<京都新聞 07/11/27>
大谷大(京都市北区)の学生が、大学博物館で開催中(28日まで)の特別展「法隆寺一切経と聖徳太子信仰」の展示品画像などをデジタル化し、バーチャル・ミュージアム(仮想博物館)として28日からインターネットで公開する。会場にいるような感覚で、貴重な文化財や史料をパソコン画面で探して見ることができる。
 仮想博物館を作ったのは、人文情報学科・松川節准教授ゼミの山本高司さん(4年)ら。博物館の協力を受け、卒業研究の一環として仮想博物館の構築に取り組んだ。
 「聖徳太子孝養坐像・二王子立像」(平安時代)など41点の展示品の画像と説明を、展示品リストや会場の平面図からだけでなく、会場風景を撮影した画像をクリックして見ることができ、一部は詳細画像も参照できる。また、展示解説の音声ガイドや、会場をぐるりと見渡す全周画像も楽しむこともできる。
 山本さんは「分かりやすく、使いやすいものをめざしました」と話しており、より良いシステムにするため、仮想博物館でアンケートへの協力を求めている。公開は12月21日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

平安京左京三条二坊十町跡(堀川院の遺構)発掘調査現地説明会のお知らせ(07/10/06)

終了しました

堀川院の遺構の一部が検出されております。ご興味のある方は是非(^^)/

平安京左京三条二坊十町跡(堀川院の遺構)発掘調査現地説明会のお知らせ

(財)京都市埋蔵文化財研究所HPより

(財)京都市埋蔵文化財研究所では,現在,平安京左京三条二坊十町において発掘調査を実施しており,この度,平安時代の名邸の一つ,「堀河院」の遺構の一部を検出しました。堀河院は,太政大臣藤原基経によって開かれ,後に円融・白河・堀河各天皇の里内裏としても用いられた邸宅です。今回見つかった遺構は,堀河院の南側に広がる池や景石,白砂敷きなどです。つきましては,発掘調査の成果発表を下記のとおり現地にて行いますので,お知らせします。

  日 時: 平成19年10月6日(土) 午前10時から11時まで

 場 所: 京都市中京区油小路通押小路下ル押油小路町238-1(元城巽中学校)           
 問 合: 現場事務所 075-212-7383

 交 通: 市バス 『堀川御池』下車 徒歩約5分
             地下鉄東西線『二条城前』駅下車
             2号出入口より徒歩約3分

 ※お願い 駐車場がありませんので車でのご来場はご遠慮下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

滋賀県栗東市手原遺跡発掘調査現地説明会のお知らせ(07/10/06)

 終了しました

 栗太郡の郡家と考えられる岡遺跡との関係が気になるところですね。ご興味のある方は是非(^^)/

手原遺跡発掘調査現地説明会のお知らせ

[栗東市出土文化財センターHPより]

手原遺跡の発掘調査の現地説明会を、下記のとおり開催いたします。

日 時 : 平成19年10月 6日(土)午後1時30分より
          *荒天の場合は翌日7日(日)の同時刻
場 所 : 栗東市 手原地先

お問い合わせ先
    栗東市出土文化財センター  TEL 077-553-3359
    栗東市教育委員会生涯学習課 TEL 077-551-0131

アクセス   電車:JR草津線手原駅南口 南東へ400m 徒歩約5分。
                手原駅には道順案内掲示板を設置いたします。

今回の調査では、溝、大溝、井戸などのほか掘立柱建物が9棟以上発見されました。これらは、いずれも古代の役所(官衙)の遺構に関連する施設と見られます。
 また、遺物では、主に大溝から出土した多数の木簡や30点以上の墨書土器や硯といった官衙遺跡を特徴づける遺物も出土しました。
 これら主な遺構や遺物の時期は、奈良時代から平安時代初頭(8世紀中頃から9世紀初頭)と考えられます。
 手原遺跡の調査は、現在のJR手原駅周辺を中心とする官衙遺跡の調査でもありました。
 2006年度の調査では、南北に延びる区画溝と、その内側に並ぶ9棟の倉庫と井戸や管理施設などが発見され、ほぼその西限を確定することができました。
 また、本調査地の北側の調査では、新たに区画された建物群を発見したことで、手原遺跡の東限区画を想定することができました。
 今回の調査では、官衙遺跡としての手原遺跡の東限および南限に位置づけられるものと考えられます。
古代の地方官衙のありかたと地域史を考える上で重要な発見となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

明王院・地主神社遺跡発掘調査の一般見学会のお知らせ(07/10/14)

明王院・地主神社遺跡発掘調査の一般見学会のお知らせです♪

 この調査では、現在の明王院の本堂・庵室とほぼ同位置に平安時代の建物跡が存在しており、平安時代末頃から現在まで連綿と途切れることなく山岳修験の道場として受け継がれていたという、大変貴重な成果が明らかになりました。
 ただし、通常の現地説明会と異なり、事前申し込み制となります。また、申し込み先は(財)滋賀県文化財保護協会ではありませんのでご注意を。
 是非参加したい!という方は、下記の内容をよくお読みになって、事前に申し込みをして下さいね(^^)/

明王院・地主神社遺跡発掘調査の一般見学会のお知らせ

(財)滋賀県文化財保護協会HPより

  明王院・地主神社遺跡発掘調査におきましては、平成19年10月14日(日)に一般見学会を実施します。

 ただし、見学会は以下に記しましたとおり、事前申し込み制となっております。

 保存修理中の文化財指定建造物の一般見学会と同時に実施する都合上、通常の発掘調査の現地説明会とは異なる形を採らざるを得ませんので、参加を希望される方につきましては事前にご理解・ご協力をお願いします。

  • 開催日時:平成19年10月14日(日) 9時45分および14時15分からの2回(雨天決行)
  • 会場までの交通:公共機関 江若バス堅田駅発坊村下車徒歩5分
  • 自家用車 大津市葛川坊村町 大津市葛川市民センター前駐車場を御利用ください.(会場まで徒歩5分)

  • 申込方法:はがき・メール・ファックスで滋賀県教育委員会文化財保護課建造物担当までお申し込みください。
  • 送付先:〒520-0044 大津市京町四丁目1-1 滋賀県教育委員会事務局文化財保護課建造物担当(メール:ma07@pref.shiga.lg.jp/FAX:077-528-4956)
  • 注意:(財)滋賀県文化財保護協会では申し込みを受け付けておりません。必ず上記の送付先までお申し込みください。

  なお、見学会のお問い合わせは滋賀県教育委員会事務局文化財保護課までお願いします。(連絡先:滋賀県教育委員会事務局文化財保護課建造物担当 電話:077-528-4673 FAX:077-528-4956)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

京都府舞鶴市田畔遺跡 現地説明会のお知らせ(07/09/15)

 終了しました

平安時代の役所関連施設か有力豪族層の居住地と考えられる遺跡です。
 円面硯や墨書土器が出土しています。ご興味のある方は是非(^^)/

京都府舞鶴市田畔遺跡 現地説明会のお知らせ

<舞鶴市HPより>
 昨年度に引き続き、今年6月から進めていた大波上地区の田畔〈たぐろ〉遺跡発掘調査の現地説明会を開催します。申し込み不要。
 日時などは次のとおり。

 ■日 時 9月15日(土)午後2時から 雨天決行

 ■場 所 田畔遺跡(京都府舞鶴市大波上)

 詳しくは、市教育委員会社会教育課(電話0773-66-1073)へ。

また、京都新聞にも記事が掲載されています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

京都府宇治市乙方遺跡現地説明会のお知らせ 太閤堤の遺構(07/09/08)

終了しました

太閤堤の石敷装飾、圧巻ですね♪ご興味のある方は是非♪

京都府宇治市乙方遺跡現地説明会のお知らせ

【日 時】
  2007年9月8日(土) 午前10時~午後3時

【場 所】 京都府宇治市莵道丸山「乙方遺跡」(京阪電鉄三室戸駅から徒歩3分)

朝日新聞07/09/05より>
 豊臣秀吉(1536~98)が京都の宇治川に築いた石積みの堤防「太閤堤」の一部が、京都府宇治市莵道丸山の「乙方(おつかた)遺跡」で見つかり、同市 歴史資料館が5日、発表した。1592(文禄1)年の伏見城築城に伴い大坂との交通を確保したものとみられ、秀吉晩年の大工事の姿をうかがわせる貴重な遺 構。同館は「石を使った護岸は、1級河川に本格的治水工事を施す現在の土木技術の原点」と評価する。
 マンション建設に先立ち、宇治川右岸の莵道稚郎皇子(うじのわきいらつこ)御墓近くにある弥生時代の集落遺跡である同遺跡約1300平方メートルを発 掘。その結果、幅5.5メートル、高さ2.2メートルの堤が南北に75メートル続いていた。川縁の斜面と岸に、近くの山で採れた粘板岩の板石(幅、長さと も30~50センチ、厚さ約4~10センチ)を並べ、松材のくいで強化していた。
 板石は砂交じりの岸に直接張り付けるように並べてあり、見た目も重視した「化粧」らしい。秀吉が宇治川つけ替えの際に造ったとみられ、舟運の利用で伏見城下に人と物資を集め、にぎわいを高めようとしたようだ。(後略)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

大宰府条坊跡 第267次調査 現地説明会のご案内(07/09/08)

終了しました

大宰府条坊跡の発掘調査で白玉帯丸鞆が発見!ご興味ある方は是非(^^)/

大宰府条坊跡 第267次調査 現地説明会のご案内

<大宰府市HPより>

【日 時】 平成19年9月8日(土) 10:00~12:00

【場 所】 大宰府条坊跡 第267次発掘現場(太宰府市朱雀3丁目)
       西鉄二日市駅北側 (旧操車場跡)西鉄二日市駅東口より北へ徒歩 約3分

※ 駐車場はありませんので、電車等の公共交通機関をご利用ください。

【お問い合わせ】大宰府教育委員会文化財課 電話:092-921-2121(内線472)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

茨城・島名熊の山遺跡発掘調査現地説明会開催のお知らせ(07/09/15)

 昨年に引き続き、今年度も現地説明会があるようです。ご興味のある方は是非(^^)/ 

 
ちなみに昨年の現地説明会の内容はこちら

茨城・島名熊の山遺跡発掘調査現地説明会

<発掘情報いばらきHPより>

日 時  平成19年9月15日(土) 午前10時から正午まで

場 所  島名熊の山遺跡 (つくば市島名字寺の前1676番地の1ほか)

概 要

  今年度は,4~6月に遺跡北西端部の15区,7月から遺跡南西部の16区(妙徳寺南側)を調査しました。
  15区からは,古墳時代から奈良時代の竪穴住居跡27軒が確認され,4~8世紀の集落が続くことが判明しました。
  16区からは,9世紀から10世紀にかけての住居跡から,9点の墨書土器(内5点は「石」),3点の土師器の耳皿が出土しています。この住居跡では大 形竈のある北側の壁に粘土を貼り付けた跡が確認され,これらは竈の熱から壁を護るためのものと考えられます。袖部の両端にはピットがあり,棚などの施設を 設けていたものと考えられます。出土した耳皿と考え合わせると会食等のための厨房的な施設であったと想定されます。その他,戦国時代を中心に堀跡や溝跡, 火葬土坑,地下式壙などが確認されました。調査区北側には,13世紀末に開山したと伝えられる妙徳寺があり,それに関連する区域であった可能性が想定でき ます。
連絡先 (財)茨城県教育財団 埋蔵文化財部 企画管理課 TEL.029-225-6587
     (財)茨城県教育財団 埋蔵文化財部 つくば島名事務所 TEL.029-847-6121
※当日は,つくば島名事務所へ,お問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

滋賀・野洲 中畑・古里遺跡現地説明会のお知らせ(07/09/01)

終了しました

  古代ではないのですが、中世集落の成り立ちがわかる、興味深い遺跡です。ご興味のある方は是非(^^)/

中畑・古里遺跡発掘調査現地説明会のお知らせ

 野洲市行畑(中畑)地先で発掘調査を実施しておりますが、今回13世紀に開削され、
現中畑集落を巡ると想定される幅約4m、深さ約1.7mの溝を発見しました。野洲市
の中世集落の成り立ちを考える上で重要な発見です。
 教育委員会では、発掘調査の成果を多くの市民に公開するために、中畑・古里遺跡
発掘調査現地説明会を下記のとおり開催します。

 開催日時 : 9月1日(土)13時30分

 場   所 : 中畑・古里遺跡発掘調査現場(野洲市行畑)

 ※駐車場がありませんので自動車での参加はお断りします。

問い合わせ先:野洲市教育委員会文化財保護課 077-589-6436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

京都府宮津市難波野遺跡の現地説明会のお知らせ(07/08/04)

 終了しました

  京都府難波野遺跡では昨年度調査分の遺物より木簡が発見されましたが、今年度調査の現地説明会が行われます。ご興味のある方は是非(^^)/

 京都府宮津市難波野遺跡現地説明会のお知らせ

 同遺跡の第6次調査では平安時代後期~鎌倉時代の柱穴跡・柵列・石組み遺構などが検出されており、遺物も多量に出土しました。また第5次調査で1月に出土した遺物から、平安後期の年号などの文字が書かれた木簡が見つかっています。

 木簡は「題箋軸」(巻物の軸の先端部)で、長さ8.3㎝、幅2.1㎝、厚さ6㎜。
 片 面に「寛治五年」(1091年)と書かれており、もう一方には「米」のような文字などが書かれ、書類の内容を示す見出しとみられます。

 現地説明会についての詳細はこちらまでどうぞ♪

 日 時 : 2007年8月4日(土) 14:00~

 場 所 : 京都府宮津市江尻 ※小雨決行

 連絡先 : 現地事務所 080(5324)7920
        センター   075(933)3877

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧