2007年7月27日 (金)

まったり~

 

R0016378_2
この前、大阪に出かけていた時、雰囲気のとってもよいお店を見つけてしまいました(*^_^*)

その名も「里山カフェ」♪♪♪
ここでは、オーガニックの材料を使ったコーヒーや紅茶、またご飯などを頂くことができます。
 その日、ちょっと歩き疲れたな~、と思っていたときに、ふと目に入ったのがこの建物だったのです。
R0016375

R0016377
レトロな雰囲気をばりばりと醸し出していて、「これええなあ~」と、ふらふら一階の
ドアを開けて入ると、これまたレトロ感たっぷり。

奥の座席に腰掛けると、外には、ビル群、橋を渡る人や車…その慌ただしい感じと、自分のいる場所のゆったりした時の流れのギャップに浸りつつ、ついつい長居してしまいそうな場所です。

 また、このカフェは一人で入ってもすごくゆったりできる雰囲気で、本を片手にゆったりと時間を過ごしている人もちらほら。

 ご飯もあるようなのですが、時間が遅かったので、今回はお茶だけ。でも、ほっとできる場所が大阪にもできたという、小さな発見でした(^_^)v

 「里山カフェ」の詳細を知りたい~!という方はこちらをクリック♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

結局どっち?

 世の中には不思議がいっぱい…(^_^;)

 また見つけてしまいました!不思議なもの。

 それは…「冷凍」生餃子 なるもの。

 証拠写真もほら、この通り♪

Vfsh0043_2「幸楽苑」なる安いラーメン屋さんの前を車で通った時に発見。その場でパチリ☆

生なのか、冷凍なのか…、しかも、「一人前79.8円」とは、

安っっ!!

この中途半端な文句は安さから出てるんだろうか?

「期間限定」ですので皆さん是非(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

春の訪れ

 今年は暖かかったので、もうあちこちで春のものを見かけることが多いですよね。
そこで、ちょっと早いかなと思いつつ、山菜採りに出かけました。
セリはもう少し。ヨモギもまだ小さいかな…。などと見ていたのですが、ある場所で大量のフキノトウを発見!早速ゲットし、帰宅♪

 子供の頃は独特の苦みがどうも苦手だったのですが、お酒を飲み始めてから「苦みが美味い時もある」という事に気づき(笑)、大幅転換!
今回は沢山収穫できたので、早速いろんなものに調理しました。

…ということで(笑)「ふきのとうクッキング」、スタートです(^^)/

 天ぷら

P04031_tenpura (1)ふきのとうを洗い、水気をよくふく。
(2)ふきのとう全体に小麦粉を薄くまぶす。
(3)衣の卵をボールに入れて冷水を加えよくとく。
(4)冷やして置いた小麦粉を・に加え太い箸か菜箸の頭の方でざっくりとダマが少し残る程度にまぜる。
(5)ふきのとう全体に(4)の衣をつける。これを165℃の揚げ油に入れ、色が鮮やかになり泡が小さくなるまで揚げる。
(6)塩と抹茶を混ぜ合わせ、揚げたてのふきのとうと一緒に盛る。

     サクサクとしていて、かんだときのほのかな苦みが春を感じさせます♪

 ふきみそ

6ba81362 ①ふきのとう(5個ぐらい)を洗い、水気をよくふく。大きな葉っぱの部分は適度にとり除く。
②フライパンにごま油を少々&サラダ油少々いれ、油をなじませる。弱火にし、味噌(白より赤の方がよい。合わせもオッケイ)を入れる。焦げないようにかき混ぜながら、みりん(適量)とお砂糖(大量です。自分が思うより少し多めくらいがよいかも)を入れ、溶け込ませるまでかき混ぜる。
③火を止め、ぬれぶきんの上にフライパンを置いて、熱を冷ます。
④卵を卵黄と卵白に分け、卵黄だけを溶いておく。
⑤その間に、ふきのとうを細かく刻む。先に刻んでしまうと、変色するので注意!
⑥味噌が少し冷めたら、中身をフライパンからボウルに移し、ここに溶いた卵黄を入れて、かき混ぜる。
⑦卵黄が溶けたら、刻んだふきのとうを入れて、かきまぜ、味がなじんだら完成!

 なんだか他のサイトをみると、作り方も様々のようですが、我が家流(ママの味!)です。味は甘めがよいみたい♪ご飯にのせたり、日本酒を飲みつつ…、焼きおにぎりも美味、とにかくお米系との相性抜群(*^_^*)ちなみに、冷蔵庫で一週間はもちます。冷凍は…できるのかな?

 他に酢みそも作成。卵黄を入れず、上の②の段階でお酢をいれるだけ。こちらの方がさらに日持ちしますよ~(^o^)皆さんも春の訪れを食から感じてくださいね♪

 ちなみに我が家では、あっという間にふきのとう&お酒がなくなり、ご飯にのせるための分を追加で作った次第(^_^;)多めに作ればよかったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

福だるま

 知り合いから頂いた京都のお土産があまりに可愛く、アップしてみました(*^_^*)♪

Img_0031  これは本家 船はしやから出している「福だるま」というお菓子。

Img_0029よお~く見ると、一つずつ、顔が違っていますよ。

サクサクとしていて、濃いめのお茶にあいそう…。コーヒーもよいかも♪

袋入りされている様も可愛らしい☆お土産にピッタリですね(*^_^*) 通販もしているみたいです。

 ちなみに「船はしや総本家」というお店もあります。五色豆など出していて、しかも店主が「辻」さん…。分家したお店なのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

カフェづくし♪

このまえの日曜日、従姉妹のお姉様方とランチに行きました♪

待ち合わせは表参道。日曜ともあって、人人人…の波が押し寄せ、

なんでこんなに人がいるの~~~!!(>_<)

とそれをかき分けるのに体力を使い果たし、待ち合わせ場所に着いたときには疲労困憊。

 気を取り直し、まずはランチ。お姉様が予約してくれた原宿エレファントカフェへ。昼間だというのに、そのお店に一歩入ったとたん、深夜の雰囲気。ついつい、昼間からアルコールをオーダーしてしまう(^_^;)。エスニック料理を食べつつ、久しぶりの再会にお互い話す、話す、話す!

 このメンバーが集まるのって、1年半ぶりくらいかしら…。おめでたい話から、まったり話、よもやま話まで、女3人の話題は尽きることなく続き、「そろそろでようか」と時計を見ると、すでに15時をまわっていました。

 お店を出て、表参道ヒルズへ。ウィンドウショッピング…かと思いきや、さらにTORAYA CAFĖへ。ここは言わずとしれた和菓子の老舗「とらや」が立ち上げた新ブランド一号店なのです。他にも表参道ヒルズには名古屋出身の老舗「両口屋是清」プロデュースのカフェ「R-style」もあったりして、和テイストのカフェがあるのが嬉しいところ♪

 やはり日曜日、15分ほど待って店内へ。L字状のお店の一番奥へと案内される。う~ん、落ち着くわ~♪

 そして、めいめい注文したのがこれ↓↓

Vfsh0017_1  まずは、「苺フェア」をしていたので、苺の豆乳ロールケーキです☆後ろに見えるポットとカップ。これ、日本茶なんですよ。お湯はお代わりできるので、ゆったりと自分の好みの濃さで飲むことができるんです。いいですよね~(*^_^*)

Vfsh0016

 そして、これはなんだろう…って想像させるもの。プレートの左奥にあるのは、あずきや、お豆の粉を練り込んだ薄いビスケット状のもの。手前は3種類のあんペーストで、これをつけて食べるようです。そのままでももちろん大丈夫ですよ♪  右奥はムース(中身は忘れちゃいました。ごめんなさい!)のデザートプレート。とらやといえばやはり「あん」でしょう。

Vfsh0024最後に、手前のアイス、これは豆乳とあずきのアイスに、葉っぱ型のビスケットがのっかっています。

  席もよかったのでしょう、ゆった~りと、3人でおしゃべり。こんなに休日を満喫したのは本当に久しぶりでした(*^_^*)たまにはこんな日もいいですね。リフレッシュした3人はそれぞれの家路へ。機会がありましたら、是非表参道ヒルズのカフェ、行ってみてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

名古屋の味といえば…

 名古屋の味…といったら、みなさんは何を思い出しますか?

 私はとにかくこれ!「ひつまぶし(櫃まぶし)」です♪

 「ひつまぶし」とは、細かく刻んだ鰻の蒲焼きをお櫃に入ったご飯の間と上にどっさりと乗せたもので、名古屋の名物では一番!!と私は思っています。

 毎回楽しみにしている食べ物の一つなのですが、この前、名古屋に行ったときも勿論食べてきました。 実は、その前日の昼食が鰻だったのですが、そんなことはお構いなし!やはり、食べに行ってしまいました(^_^;)。

 名古屋で有名なひつまぶしのお店といえば、「いば昇」と「あつた蓬莱軒」が二大巨頭といえるでしょう。 私自身は鰻のタレや焼き方など「いば昇」の方が好きです。行列しても食べたい味です。なんでもひつまぶしはいば昇が発祥の地だとか…。

 注文してからまつこと30分強…注文してから焼くので時間がかかるのですが、これも食の楽しみを倍増させる時間ですね。

 ひつまぶしの良さは、なんといっても一つのお櫃で3通りの食べ方を味わえること!

R0015770   この写真のように、お櫃とタレが入った小瓶・薬味・香の物・お吸い物が一緒に登場します。 この写真は二人前を頼んで出てくるサイズです。

  まず最初に、おひつが来たら私は全体に混ぜます。混ぜない食べ方もあると思いますが、私は全体に混ぜる方が好きです。

 そして、一杯目はお茶碗に軽くよそい、そのまま頂きます。お好みで山椒をふって。備長炭でじっくりと焼いたパリッと香ばしい鰻の美味しさが味わえます。

  二杯目は薬味を載せて頂きます。小口ネギの味と絡んでまた違ったお味。

    三杯目は煎茶をかけてお茶漬けに。ワサビを適量入れますと、ピリリとした風味と甘くて濃い目のタレの相性がバッチリです!

 タレと薬味はお代わりできます。

 こうやって書いていると、また食べたくなってきました(*^_^*)

  関西と関東では鰻の割き方・焼き方が異なると聞きますが、ちなみに名古屋は関西型です。

  名古屋に行かれる機会がありましたら、是非是非おためし下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

くり・栗・クリ

 10月に入って、大分涼しくなってきましたね。現在我が家は大量に届いた栗をせっせと食べながら、秋を感じている毎日です。栗は美味しくて大好きなのですが、処理が結構大変です。

 そのままゆでてスプーンで・栗ご飯・甘露煮・マロンペーストなど、いろいろと作ってはみるものの、栗を剥く手間が面倒で、不器用な私はついつい億劫になりがち…(^_^;)

 簡単な栗の調理法はないものか…とネットで調べたりしていますが、裏ワザはみつからず。もしご存じの方がいたら、是非教えてください!

 そして、我が家に栗があるにもかかわらず、モンブランをみるとつい手がでてしまい、お買い上げ(笑)困ったモノです(^_^;)R0015682

これが、つい購入してしまった和栗のモンブラン

普通のモンブランに比べ、ほんのりとした素朴な甘さが特徴。和栗だからなのかな?甘すぎないのが私にはGoodでした♪しかも、マロンペーストの下に隠れている生地が美味しい!

 紅茶とともに味わいつつ、至福のひとときを過ごしました(*^_^*) 

 お店は埼玉県川口市に本店があるシェルブリーズというお店です。

 モンブランがとても美味しかったので、その後、このお店の名物「長蔵かすたあ」や焼き菓子など、購入してしまいました。どれも大満足のお味でした♪

 お近くの方は是非ご賞味あれ(^o^) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

九州の美味いモノ(別府編)

 福岡で美味しいもの巡りをした後、台風直下のなか、別府へ向かった私達。途中高速道路が通行止めになっていたり、暴風で車が傾きつつも、なんとか別府にたどり着いたのですがすでに夜9:00近く。しかも、台風が来ているので、電車も全て止まっている状態。もちろんお店も駅前は殆どお休み。どうしよう…と途方にくれたのですが、別府での第一目的は温泉だったので、ホテルのフロントで聞いてみると、駅前の温泉が営業しているとのこと。やったぁ☆そこで、私達はチェックインしてすぐに、その温泉へ直行!
 行ったのは「駅前高等温泉」という場所。ここ、24時間営業で、宿泊もできるんです。入ると、番台のおば(あ)さまに「並?高等?」と聞かれ、一同意味が分からず「????」。
 説明を聞いてみると、並は基本的に近所の方々が入る用につくっているので、設備らしい設備はなく、高等だと、タオルや、洗い場にシャワーがついているとのこと。金額は並は100円、高等は300円。安~い!
 じゃあ、お湯に浸かるだけだからと思い「並で」というと、おばさまに、「ホントにいいのね」みたいな顔をされた。そんなことにもめげず、女二人は並に入ったのだが、台風のせいか、今日は客足が悪いらしく、誰もおらず。
 お風呂は円形のものが一つ。洗い場は石けんなどもなく、蛇口が並んでいるのみ。でも、お湯は少しぬるめの気持ちいい温度で、湯ったりほっこり(*^_^*)疲れもとれるわ~♪
 一時間くらいゆったりした後で、次はごはんだ!と駅前から繁華街らしい通りに入るものの、周囲は閉まっておりガラーンとした雰囲気。美味しいものにはいきあたれないかも…なんて思っていた矢先、一軒のお店「すとぅーぱ」を目ざとく発見!
 入ってみると、カウンターがメインのお店の中は、満員に近くて、期待更多!
 奥の方にある一つしかないテーブル席に座り、まずはビールで無事に別府についたことを乾杯!!温泉あがりのビール、最高♪
 次に、おつまみを注文。お腹も最高潮に空いていたので、いろいろと注文したのですが、これまたどれも美味い!!とくに、メンバー絶賛だったのは「チキン南蛮」。九州の定番ともいうべきチキン南蛮には、関東ではあまりみかけない「タルタルソース」がかかっているのですが、このお店のタルタルは手作りですごくあっさりしていて、最高♪思わず「おかわり!」と言いたくなる味でした。
 さらに、ここのマスターさん、とってもきさくないい人で、しかも新婚さん。台風なのに、みんなが「今日は開けないの?」という連絡があったから、たまたま開けていたそうで…。ホントによかったあ☆ いろんなお話を聞けて、とっても楽しかった一夜でした。
 もし別府に行かれたら、是非×2寄っていただきたいお店です(^^)/

 ちなみに、一同食べ飲みに一生懸命で、殆ど写真をとってません(笑)ごめんなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

九州の美味いモノ(うどん編)

 この3連休を利用して九州へ行って参りましたm(_ _)m


 史上最強の台風に見舞われつつも、いろんなものから逃げて、現実逃避してきました。
 今回良かったのは、一緒に行った人々が「美味しいモノたべたい」欲の強い方だったことで、毎日美食三昧♪ 帰って体重計にのったら、驚愕の数字がでておりました(-_-)

 もちろん博多では、「もつ鍋、水炊き、ラーメン」のフルコースで!梅ヶ枝餅のデザート付きです。 本当は、ラーメンについても書きたかったのですが、今回は台風前の雨にたたられ、中州には1度しか行けませんでした。残念(>_<)

1

 ということで、今回は久留米で食べたうどんについてレポートします。
 うどんというと、讃岐のようなコシのあるものをイメージする人も多いかと思いますが、久留米で地元民に人気な「立花うどん」は違います! 

2
 麺は太めなのですが、コシはつよくありません。でもツルッとしているんです♪
 基本は肉うどん。おだしがとってもあっさりしているのですが、それに甘めに煮付けたお肉をドーンと…。さらにお好みでゴボウ天・丸天・エビ天などをトッピングするんです!
 あとはおねぎを多めにかけて、いただきまあす(^o^)

 あっさりおだしと甘めなお肉がよく麺とあって、とても美味しいです。量は結構多め。私は一人で全部食べきれませんでした(>_<)
 ほかに、揚げやゴボウなどが入っている、まぜめしやいなりもあって、満足度120%です☆
 場所は久留米ICを降りてすぐ。是非久留米に行く機会があれば、お試し下さい(^^)/

<立花うどん>
〒839-0809 福岡県久留米市東合川5-6
電話 0942-44-3939
定休日 火曜日
営業時間 9:30~21:00(OS)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

冷凍パイン♪

クッキングといえる程のものではないのですが(^_^;)

 最近、蒸し暑さに少々バテ気味…。この「じと」っとした空気が体力もやる気も失わせ、気分まで降下してしまいがちです(^_^;) でもエアコンだと、変に冷えてしまい、余計だるさが倍増(>_<)何とかならないか…と考えたのがこれ!

=冷凍パインの作り方=

 ①まずは、パインを一個、まるごとお買い上げします。大体、300円前後でしょうか。今年は当たり年?なのか、結構安売りしているようです。

P629039511 ② 次に、上下を切り落とします。

 P629039611_1③底を下にして置き、包丁を上から下に下ろして削ぐように切ります。

固いかな?と思ったのですが、さくさく切れて面白いです。

P629039811④ 4つ割りにして、中心の硬い芯のところを取ります。

⑤さらに食べやすいサイズに縦切りします。そこに割り箸などを刺して、一つずつラップでくるみ、冷凍室へIn♪1時間もまつと…

冷え冷え~な冷凍パインのできあがり♪

パインって、そのまま食べると、あとで喉がチクチクとしたり、甘すぎたりすることもありますよね。でも、冷凍にすると、甘いけどスッキリ!それにイガイガもありません。

パイン一つから大体12~16個でき、保存も2週間はOK!食物繊維が豊富なので、アイスだと太るし、でも冷たいものが食べたい!!という方にもオススメです。

あともう少しで美味しい秋がやってきます♪それまで頑張っていきましょう(^^)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧