« ありがとうございました(^o^) | トップページ | 日本歴史占い »

2010年5月25日 (火)

専修大学東アジア世界史研究センター公開講座のお知らせ(10/7/10)

 以下のお知らせを頂きました。ご興味のある方は是非

東アジア世界史研究センター主催 公開講座

テーマ:「遣唐使外交の終焉と東アジア・日本」

趣 旨: 
 専修大学において、平成19年度に文部科学省私立大学学術高度化推進事業オープン・リサーチ・センター整備事業として「古代東アジア世界史と留学生」の研究プロジェクトが選定され、本年度で4年目を迎えます。
 このプロジェクトは、専修大学大学院が、中国陝西省西安より出土し、西北大学に所蔵されていた墓誌群のなかより、「遣唐使井真成墓誌」の発見に大きな役割を果たしたことを契機として、さらにそれを一遣唐使から中国への留学生へと視点を広げることによって、東アジア世界史のなかでの人的交流の意味を位置づけることを目的としております。
 本センターは、本学の教員を中心にして、13名のセンター研究員で構成され、①「遣唐使井真成墓誌」研究、②上記の日本・中国・朝鮮における「留学生」史・資料の研究、③政治・制度・文化・思想からみた東アジア世界史の研究、④物の移動からみた東アジア世界史の研究という4つの柱の研究を追究することにしています。その成果を毎年、公開講座、およびシンポジウムの開催というかたちで広く市民・研究者に公開することになっております。
 これまでの公開講座では、留学生のもたらした文物・制度、留学生の通った道、留学生を生み出した地、帰国後の留学生などの研究成果を挙げてきました。それを受けて、4回目となる今回の公開講座は、全体テーマを『遣唐使外交の終焉と東アジア・日本』として、下記の内容で開催することにいたしました。

日 時:平成22年7月10日(土)13:00~17:00   (受付12:30~)

場 所:専修大学生田キャンパス  10号館2階 10203号教室

主 催:専修大学社会知性開発研究センター/東アジア世界史研究センター

内 容:

13:00~13:20 趣旨説明  荒木 敏夫(東アジア世界史研究センター代表/専修大学教授)

13:20~14:20 モノから見た遣唐使以後の東アジアの交流    皆川 雅樹(専修大学附属高等学校 教諭)

14:30~15:30 大陸文化の「日本化」と国際交流~白詩と道真~  佐藤 宗諄(奈良女子大学 名誉教授)

15:50~17:00 討論

定 員: 250名   参加料: 無料

申込方法: 1・2のいずれかの方法でお申し込みください。

1.往復はがきに、①「東アジア公開講座参加希望」②郵便番号③住所④氏名(ふりがな)⑤電話番号(FAX)⑥メールアドレス(任意)を明記のうえ、下記までお送りください。申込締切:7月1日(木)必着

2.電子メールで、件名を「東アジア公開講座」とし、①郵便番号②住所③氏名(ふりがな)④電話番号(FAX)を明記のうえ、下記アドレスまでお送りください。申込締切:7月1日(木)16時必着

申込先: 〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1  専修大学社会知性開発研究センター事務課  e-mail : socio@acc.senshu-u.ac.jp

※ご参加の可否は、1・2共に返信はがきか電子メールにてご連絡いたします。(7月3日(土)発送・発信予定)

|

« ありがとうございました(^o^) | トップページ | 日本歴史占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専修大学東アジア世界史研究センター公開講座のお知らせ(10/7/10):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/26 09:34) [ケノーベル エージェント]
川崎市多摩区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 09時34分

« ありがとうございました(^o^) | トップページ | 日本歴史占い »