2010年6月20日 (日)

シンポジウム 恠異学の射程のお知らせ(10/7/17)

以下のお知らせが来ました。 ご興味のある方は是非 境界を超えたお話が聞けそうで楽しみ~

シンポジウム 恠異学の射程

日 時:2010年7月17日(土) 13:00~17:30

場 所:京都大学 東京オフィス
            (〒108-6027 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟27階                                       TEL: 03-5479-2220、FAX: 03-5479-2221)
          【品川駅からのアクセス】
             品川駅・東西自由通路(レインボーロード)より品川インターシティA棟の2階に入館できます。
             エスカレーターで3階までお上がりいただき、手前の高層階エレベータで27階にお越しください。
             なお、土・日・祝日には、エレベータは1階に止まりません。

パネラー: 高島 英之(日本古代史・考古学)

       伊藤 聡  (国文学・日本思想史)

       図師 宣忠(西洋中世史)

主 催:東アジア恠異学会(代表:大江 篤)

【企画趣旨】
2009年3月に刊行された『恠異学の可能性』は、東アジア恠異学会において、歴史学を
中心に積み重ねられてきた例会・大会の議論を踏まえ、王権論・都市論・知識社会論な
どの新たな論点を浮き彫りにしつつ、通史的な見通しを提示したものである。さらに次
のステップとして、本書が投げかけた成果が、隣接諸分野からどのように受け止められ
たか、そして相互の対話により、どのような学際的研究の展開が可能であろうか。 本
企画においては、考古学・国文学・西洋史という、日本史との精緻な対話が近年いっそ
う重ねられている分野の研究者を迎え、『恠異学の可能性』を前提として、それぞれの
最新の成果や方法論のもとに、どのような学際的研鑽が可能か議論してゆきたい。

詳しくは研究会HPへどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

歴史学研究会日本古代史部会6・7月例会案内(10/6/26・10/7/3)

以下のお知らせが来ました。 中村友一氏著書の書評会や5月の歴研大会の内部批判報告もあります。ご興味のある方は是非

歴史学研究会日本古代史部会6・7月例会案内

【中村友一著『日本古代の氏姓制』書評会】
日時:2010年6月26日(土)14:00~(開場13:30)
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー119FG教室
報告:須永忍氏、長谷部将司氏

【大会内部反省会】
日時:2010年7月3日(土)14:00~(開場13:30)
会場:國學院大學渋谷キャンパス 若木タワー0509教室
報告:近藤剛氏(廣瀬憲雄報告)
   五十嵐基善氏(蓑島栄紀報告)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

ありがとうございました♪

 先週末の学会報告を何とか終えることができました

 不勉強な部分も多く、反省することしきりの報告でしたが、当日は多くの方から貴重なご意見や励ましのお言葉を頂きました。本当に有り難うございました。

 このブログもそうですが、研究の方もカタツムリより遅い足取りですが、なんとか続けていきたいと思っています

 今後とも宜しくご教示・ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

「こんなもの」って…?

 移動途中にこんな看板を発見みなさんは何を想像しますか

  こんなものがあるから今日もどこかの

  誰かのポッケの中に僕の居場所があるんだろう

 バスの中から眺めてふと気づいた景色でした

 さあ、今日も頑張るぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

古代交通研究会第15回大会のお知らせ(10/6/26-27)

 以下のお知らせを頂きました。ご興味のある方は是非

 古代交通研究会第15回大会 日本と東アジアの古代道路

【日 程】 2010年6月26日(土)~27日(日)

【会 場】 国学院大学渋谷キャンパス(東京都渋谷区東4-10-28)
      6/26(土):百周年記念館記念講堂
      6/27(日):AMC(学術メディアセンター)常磐松ホール

【参加費】 2,000円
      参加申込みは必要ありません。直接、会場にお越しください。

6月26日(土) 12:30~17:30

  ・ 総会

  ・東アジアの古代道路-世界的視圏から-    木下 良 氏

  ・「秦の直道」の発掘について             張 在明 氏

  ・中国の古代道概論                  武部健一 氏

6月27日(日) 10:00~16:30  推定秦直道が通る地形と地名

  ・-「秦の直道」視察報告-              小鹿野亮 氏

  ・渤海の交通路を考える               小嶋芳孝 氏

  ・韓国古代の道路と交通路              山本孝文 氏

  ・日本における直線道路の成立について      近江俊秀 氏

   総合討論

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

日本歴史占い

 ネット検索をしていたら、こんなHPを見つけてしまいました

 「日本歴史占い」

 …って、なに?

 早速やってみたところ、ワタクシは「阿仏尼」だそうで…

 気になる方はこちらをクリックして是非やってみてください☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

専修大学東アジア世界史研究センター公開講座のお知らせ(10/7/10)

 以下のお知らせを頂きました。ご興味のある方は是非

東アジア世界史研究センター主催 公開講座

テーマ:「遣唐使外交の終焉と東アジア・日本」

趣 旨: 
 専修大学において、平成19年度に文部科学省私立大学学術高度化推進事業オープン・リサーチ・センター整備事業として「古代東アジア世界史と留学生」の研究プロジェクトが選定され、本年度で4年目を迎えます。
 このプロジェクトは、専修大学大学院が、中国陝西省西安より出土し、西北大学に所蔵されていた墓誌群のなかより、「遣唐使井真成墓誌」の発見に大きな役割を果たしたことを契機として、さらにそれを一遣唐使から中国への留学生へと視点を広げることによって、東アジア世界史のなかでの人的交流の意味を位置づけることを目的としております。
 本センターは、本学の教員を中心にして、13名のセンター研究員で構成され、①「遣唐使井真成墓誌」研究、②上記の日本・中国・朝鮮における「留学生」史・資料の研究、③政治・制度・文化・思想からみた東アジア世界史の研究、④物の移動からみた東アジア世界史の研究という4つの柱の研究を追究することにしています。その成果を毎年、公開講座、およびシンポジウムの開催というかたちで広く市民・研究者に公開することになっております。
 これまでの公開講座では、留学生のもたらした文物・制度、留学生の通った道、留学生を生み出した地、帰国後の留学生などの研究成果を挙げてきました。それを受けて、4回目となる今回の公開講座は、全体テーマを『遣唐使外交の終焉と東アジア・日本』として、下記の内容で開催することにいたしました。

日 時:平成22年7月10日(土)13:00~17:00   (受付12:30~)

場 所:専修大学生田キャンパス  10号館2階 10203号教室

主 催:専修大学社会知性開発研究センター/東アジア世界史研究センター

内 容:

13:00~13:20 趣旨説明  荒木 敏夫(東アジア世界史研究センター代表/専修大学教授)

13:20~14:20 モノから見た遣唐使以後の東アジアの交流    皆川 雅樹(専修大学附属高等学校 教諭)

14:30~15:30 大陸文化の「日本化」と国際交流~白詩と道真~  佐藤 宗諄(奈良女子大学 名誉教授)

15:50~17:00 討論

定 員: 250名   参加料: 無料

申込方法: 1・2のいずれかの方法でお申し込みください。

1.往復はがきに、①「東アジア公開講座参加希望」②郵便番号③住所④氏名(ふりがな)⑤電話番号(FAX)⑥メールアドレス(任意)を明記のうえ、下記までお送りください。申込締切:7月1日(木)必着

2.電子メールで、件名を「東アジア公開講座」とし、①郵便番号②住所③氏名(ふりがな)④電話番号(FAX)を明記のうえ、下記アドレスまでお送りください。申込締切:7月1日(木)16時必着

申込先: 〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1  専修大学社会知性開発研究センター事務課  e-mail : socio@acc.senshu-u.ac.jp

※ご参加の可否は、1・2共に返信はがきか電子メールにてご連絡いたします。(7月3日(土)発送・発信予定)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月24日 (月)

ありがとうございました(^o^)

23日の歴研大会に参加してきました。

当日は一日だったのですが、沢山の方が参加していらっしゃり、盛会でした。

廣瀬・蓑島両報告ともに、広い視野での報告で、とても勉強になりました。

…とともに、自分の勉強不足を痛感頑張らねば

また、久し振りにいろいろな方とお話しできて、とても楽しい一日でした

みなさま、ありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明治大学古代学研究所公開研究会のお知らせ(10/6/5)